第22回 日本摂食障害学会学術集会

特別講演・シンポジウム等

特別講演

1.ロボットと人工知能から行動障害と脳機能へのアプローチ

演者:沖縄科学技術大学院大学 神経計算ユニット 教授 銅谷 賢治 先生

 

2.食行動をめぐるブレイン・サイエンスの進歩と生活習慣病予防の新たなアプローチ

演者:琉球大学 内分泌代謝・血液・膠原病 内科学講座 教授 益崎 裕章 先生

ランチョンセミナー

1.野菜に夢中研究所がお薦めするかしこい野菜の食べ方

演者:(株)サラダコスモ 研究開発部 中田 光彦 先生

 

2.栄養療法の基本と応用―静脈栄養と経腸栄養を有効に実施するにはー

演者:大阪大学国際医工情報センター 栄養ディバイス未来医工学共同研究部門 教授 
井上 善文 先生

 

3.肥満患者から見えるBinge Eating Disorder

演者:九州大学 心療内科 野崎 剛弘 先生

会長講演

演題:エビデンスとアートで診療する摂食障害

演者:政策研究大学院大学 保健管理センター 鈴木(堀田) 眞理

教育講演

1.摂食障害-ここまでわかった脳科学のエビデンス

演者:東北大学 心療内科 佐藤 康弘 先生

 

2.摂食障害-ここまでわかった神経内分泌のエビデンス

演者:日本医科大学大学院 医学研究科 生体統御科学 根本 崇宏 先生

 

3.子どもの摂食障害治療のエッセンス

演者:獨協医科大学埼玉医療センター 子どものこころ診療センター 作田 亮一 先生

 

4.摂食障害の心理を測る:Eating Disorder Inventory 2を活用して

演者:白梅学園大学 子ども学部 発達臨床学科 西園マーハ 文 先生 

特別企画

摂食障害全国基幹センター・治療支援センター事業の今後の展開

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 行動医学研究部 安藤 哲也 先生

シンポジウム

1.「人格の病理としての摂食障害、痩せすぎモデル規制に向けて」

演者:

  1. 兵庫医科大学 精神科神経科 山田 恒 先生

    痩せ礼賛文化的視点から

  2. 京都大学大学院医学研究科 脳病態生理学講座 精神医学 野間 俊一 先生

    精神病理学的視点から

  3. 徳島大学大学院医歯薬学研究部メンタルヘルス支援学分野 友武 正人 先生

    力動的精神療法的視点から

  4. 医療法人壱燈会なんば・ながたメンタルクリニック 永田 利彦 先生

    実臨床の統合的視点から 

 

2.摂食障害と司法

演者:

  1. 東京都立松沢病院 精神科 梁瀬 まや 先生

    摂食障害患者の窃盗についての司法精神医学的考察

  2. 琉球大学法科大学院教授 矢野 恵美 先生

    法律から見た矯正と摂食障害処遇

  3. 北九州医療刑務所 所長 瀧井 正人 先生

    常習窃盗など犯罪を伴う摂食障害患者の病態と医療刑務所における治療・予後

 

3.摂食障害治療が抱える難問題

演者:

  1. 岐阜市民病院 精神科 柴田 明彦 先生

    問題提起:摂食障害に治療に身体拘束は必要か

  2. 東京大学大学院医学系研究科医療倫理学 瀧本 禎之 先生

    摂食障害治療の倫理的側面

  3. 稲門会いわくら病院 診療科長 崔 炯仁 先生

    摂食障害の治療中断・再発・慢性化―自由と健康への恐怖にどう取り組むかー

  4. 白梅学園大学 子ども学部 発達臨床学科 西園 マーハ文 先生

    摂食障害当事者の仕事体験と就労支援~実態調査の結果から~

 

4.多職種チーム医療の入院モデル(公募)

インストラクションシリーズ

 

1.患者心理教育のエビデンス-ミニマルエッセンシャルズ

演者:

  1. 政策研究大学院大学 鈴木(堀田) 眞理 先生

    摂食障害の病態と身体合併症のエビデンス

  2. 九州大学病院 栄養管理部 山下 さきの 先生

    摂食障害の栄養教育のエビデンス

  3. 日本歯科大学 心療歯科 大津 光寛 先生

    摂食障害の歯科的合併症のエビデンス

 

2.家族心理教育のエビデンス- ミニマルエッセンシャズ

演者:

  1. 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 行動医学研究部 小原 千郷 先生

    日本における家族心理教育のエビデンスと実情

  2. 京都府立こども発達支援センター 水原 祐起 先生

    海外(イギリス)における家族心理教育のエビデンスと実情

  3. 神奈川県立こども医療センター 児童思春期精神科 南 達哉 先生

    小児領域における家族心理教育に必要なこと

  4. 社会医療法人弘道会 なにわ生野病院 心療内科 武久 千夏 先生

    家族支援のニーズと実践-家族支援の現場から

 

3.保険収載された治療法CBT-Eのエビデンス

演者:

  1. 国立研究開発法人国立国際医療研究センター 国府台病院 心療内科 
    河合 啓介 先生

    診療報酬算定要件に関する解説

  2. 東京大学医学部附属病院 心療内科 堀江 武 先生

    CBT-Eのエビデンスとスーパービジョンを受けて実践した臨床経験の紹介

  3. 医療法人壱燈会なんば・ながたメンタルクリニック 永田 利彦 先生

    CBT-Eをどのようにして実臨床に生かすのか

多職種ライブ症例検討会 

「神経性やせ症を外来で診る」(公募)

総合司会:福岡徳洲会病院 心療内科 松林 直 先生

コメンテーター:多職種エキスパート

エキスパートセミナー

1.摂食障害治療技法―双方向の病態理解と治療操作に役立つ“記述法”の魅力

演者:医療法人恵愛回福間病院 心療内科 大隈 和喜 先生

 

2.原点回帰「“対人介入”なくして、“完治”なし!」: 摂食障害の重症度に応じた包括的治療マネジメント

演者:東京歯科大学市川総合病院精神科 宗 未来 先生

 

3.摂食障害の看護のアート

演者:小児、心療内科、精神科 から予定

 

4.実践! CBT-Eの実際とアート

演者:九州大学病院 心療内科 髙倉 修 先生

 

5.摂食障害に対する外来栄養指導の実際

演者:東京女子医科大学附属 成人医学センター 栄養士長 浮田(柴崎) 千絵里 先生

TOP